スポンサードリンク

2018年01月06日

外交の嘘は当然という常識?

 日本的な考えで、こちらが譲歩すれば、相手も引いてくれるという常識は通用しないと言われます。

 どの国も、自国の国益が第一であり、そのためには何でもするのが当然という考えのようです。


 国と国が、そんな常識で動いているなら、個人についても同じ常識が当然と考えても非難できない気がします。

 最近、北朝鮮が「経済援助してくれるなら、拉致問題の話し合いに応じる」と言ってきました。
日本的には、「拉致してすみません!お詫びに、賠償金を送ります!」が当然と思うのですが!

 慰安婦の河野談話では、「今回認めてくれたら、二度とこの問題はとりあげないから」という話しでしたが、この談話をたてに、慰安婦問題をエスカレートさせています。

 南京虐殺問題も、毛沢東を含め、まったく問題にされていなかったのに、朝日新聞の報道から、エスカレートして、世界記憶遺産に登録されてしまいました。

 中国の南シナ海の人口島も、最初は民間利用とかいって、民間機を飛ばしていましたが、今はすごい軍事施設になっています。

 でも、一番悲惨なのは、ウイグルでしょうか。
もともと、中国が「アメリカ帝国主義から守る」とか言って、理屈に合わない理由をつけて出兵し今は、中国の自治区になってしまいました。

 その後、ここで、中国の核実験が、公式発表で46回行われました。非公式には、50回を超えると言われています。
 その中には、広島原爆の数百倍のものもあり、放射線の影響は大きいでしょう。

 ところが、中国共産党は、放射線の影響はまったくないと発表しています。
日本や、イギリスで実験の放射性物質が観測されたのに!
そして、その実態を調べることもできませんでした。

 当時、西遊記の撮影で、ここに行っていた夏目雅子さんも白血病で亡くなりました。

 シルクロードは観光地として有名ですから、その観光客を装い、イギリスの放送局が、実態を調べました。
 
         Death on the silkroad

 パート1〜3までぜひ一度見て下さい!

 そう言えば、中国から漏れてきた、将来の世界地図を見ると、日本も中国の2つの自治区になっていました。

 中国では、反日教育のせいで、日本人なら平気で殺すことができると答えた人が多かったと聞いています。
特に、憎かったわけでもないウイグルに対しても過酷な弾圧を行い、多くの僧侶が抗議の焼身自殺をしました。

 焼身自殺をするほどの、弾圧!どんなことがあったのか、脱出したウイグル人の本をすべての人に読んでもらいたいですね!



 このような国と国で嘘をつくのは、当然であたりまえなのでしょうか?
嘘を言ったら「恥ずかしい」、嘘がばれたら「謝り正す」が、人間として目指さねばならない気がします。

 皆が銃をもっているから、自分も銃をもたないと安全でないと考え、相変わらず世界で一番銃犯罪が多いアメリカ!

 それに対し、刀狩りを行い、銃を含め、原則武器を持たない社会を作った日本!
武士は、刀を持っていたが、原則一生に一度も抜かないのが普通でした。

 損得ではなく「和をもって尊しとなす」で人間関係の基本を考えた日本!

 そんな日本の常識こそ、世界に誇るべきと感じているこの頃です!


posted by 野次馬万歳 at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

日本という特別な国!

 日本は、世界最長の王家(天皇)がいる国です。
男系天皇(女帝もいます)が、今も続いています。
遺伝的に言えば、神武天皇のY染色体が受け継がれているということです。

 戦後、アメリカGHQにより、皇室の範囲が狭められ、男系天皇の継続が危ぶまれています。
女系天皇を認めるべきだとの意見が、多く出ています。
気になるのは、韓国・中国系の議員・識者が多くこれを主張していることです。

 例えば愛子様が、女性天皇になるのは、歴史的にも問題ありません。
愛子様の子が、天皇になるのが問題になるのです。

 極端な場合を例に挙げると、中国共産党が、情報を操作して中国系の人間を愛子様と結婚させることが出来たとします。

 そうすると、お二人の子が天皇になるのですが、この天皇は中国系の天皇ということになるということです。

 このような日本の皇室の破壊を画策している勢力があることを考えるべきでしょう。


 最も長く続いている天皇という以外にも、皇室は世界の他の王家と異なっています。

 例えば、中国の王朝は、漢民族の王朝だけではありません。
モンゴルの王朝や女真族の王朝などが次々入れ替わっています。

 その王朝交代のたび、大虐殺が行われてきました。
ですから、王は頑丈な城壁に囲まれた城に住んでいました。


 日本の天皇の居所には、そういう城壁はありませんでした。
日本の天皇は、権力を使い人民を虐げ恨まれる存在ではなかったのです。
時の支配者は、天皇から任命されて権力を手に入れるという形をとってきたわけです。

 もちろん、人間のやることですから、時には、原則からはずれたこともあったでしょう。

 しかし、王家ではあるが、支配者ではない天皇が、日本だけにあり、その心のあり方が、日本国民の国民性に大きく影響しているのが天皇です。

 中世に来日した外国人が、「神の国が実現している」と言った日本!
 貴重品を紛失して戻ってくる日本!
 中韓の影響を受けてないアジアの人々が大好きな日本!
 第一次世界大戦当時、ヨーロッパで、「撃沈された後、助かりたかったら、敵の日本船に向かって泳げ!彼らは、撃ってこないで助けてくれる!」と言われた日本!
 第二次世界大戦で、何万人も強姦したアメリカ軍!それに対し、日本の混血児問題がほとんどない日本!
 当時の人口以上の南京大虐殺と言われながら、その直後逆に南京の人口が増加している事実!
 日本の厳しい軍律を理解せず、従軍慰安婦問題を捏造する中韓!

 これらは、日本の皇室の道徳性を基礎に、日本国民の基本的な行動原理によって残されたものです。

 平気で、嘘をいう国家(その国の権力者だけでなく、多くの国民)である中韓の工作に負けないだけでなく、100万単位で入ってきている中韓人により、日本の基本精神が歪まないようにしなければなりません。


posted by 野次馬万歳 at 07:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。