スポンサードリンク

2020年10月04日

韓国の大統領と政党の支持率!

 韓国の文大統領や与党のやってきたことを見れば、支持率が大きく下がるのが当然と思うのですが?

実際には、大統領支持率は45%前後で推移しています。
与党の政党支持率は、もう少し低いけれども、トップ支持率を保っています。

日本で発表される支持率は、リアルメーターとギャラップの2種類があります。

どちらの調査か忘れましたが、与党支持率がもう1つの調査よりかなり低い週が続いたことがあります。
そのとき、与党議員が、「この調査はおかしい」とクレームをつけたところ、次の週から与党支持率が上がりました。

このとき、特に材料もないのに、1週で与党支持率が大幅アップで問題になりました。
やはり、韓国の支持率は信用できない?
実際、韓国の人の中にも、支持率調査はあてにならないと言う人がいます。

そこで、気になるのは、調査内容です。
7/9のリアルメーターの調査を見ると、
 「今回の調査は全国18歳以上の有権者3万4914人に通話形式でおこなわれ、最終的には1510人が完了し、回答率は4.3%だった。」

 この説明を見ると、20人中1人も回答していないことになります。少なすぎます!

 普通に考えれば、回答することためらう人が多いのではと思ってしまいます。(通話形式で、回答者の個人が特定)
そうならば、大統領や与党支持者の回答が多くなるのが当然ではないでしょうか。


 しかし、親日ユーチューバの1人の話によると、「文大統領がひどいと言っても、野党と比べればずっとましだから、支持率が高いのは理解できる」でした。

 日本人から、見ると、セゥオル号事件より、文大統領と側近がやった多くのことは、故意でより悪質見えますが,韓国人はそう見えないのでしょうか?


 韓国の政権は、マスコミ等に圧力をかけ、海外情報なども正しく伝えませんから、当然支持率に対しても政権の意向に従っていることが予想されます。
だから、国民も気付かないのでしょうか?

 最高裁判決より、国際法が優先が当たり前!そうでなければ、条約結んでも、国内法で条約破られる!
そんな国とは、できる限り、接触すべきではない!


この常識!、韓国国民に伝わっているのかな?

posted by 野次馬万歳 at 20:28| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする