スポンサードリンク

2011年02月22日

宇宙から戻った桜の種の異常!

 国際宇宙ステーションで8か月半過ごした桜の種を、地上へ持ち帰って植えたということです。



 岐阜市の中将姫誓願桜は、地元の保存会などがまいても発芽しなかったのに今回発芽したようです。



 さらに、通常は1年に50センチ程度しか伸びない真庭市の醍醐桜が、昨年春に発芽して、今は90センチ以上ということです。



 やはり、宇宙は怖いですね!遺伝情報が変わったということは、宇宙線の影響でしょう。



宇宙ステーションんで暮らした人間のその後の記録もまとめて欲しいものです。



遺伝子が変わって、とんでもない子供が生まれたりして?なんてことないですかね!

       ユウキャンの医療事務講座   羊水検査










ラベル:
【関連する記事】
posted by 野次馬万歳 at 14:19| Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: