スポンサードリンク

2017年12月10日

「朝鮮半島で売春が始まったのは日帝のせいだ」というのは、韓国では定説!

 私も、韓国記事はよく見ていますが、これには驚きました!

 韓国人のシンシアリーさんのブログからです!

『「朝鮮半島で売春が始まったのは日帝のせいだ」というのは、韓国では定説になっています。

日帝を一方的な悪にするためには、朝鮮(大韓帝国)を善良な被害者にする必要があります。だから韓国人は朝鮮や大韓帝国を美化しながらも、「朝鮮(人)」と言われるとものすごく怒る、二重的な態度を取っています。

その前者にあたる内容の一つとして、「朝鮮は男女が結婚前の純潔(貞操)を大事にし、夫婦間以外の性行為を絶対にしない、国も法律を厳格に適用していた」というSF小作があります。

読んでみてお気づきでしょうけど、儒教思想に基づいた「こうであるべき」姿にすぎません。理想をそのままトレースしているわけです。

じゃ、キーセンとかは何やってたんだ・・というと、「朝鮮時代のキーセンは売春などしなかった」というのが一般的な見解になっています。朝鮮の男たちは、いわゆる「風流」を楽しんだだけで、キーセンと二人で酒を飲んだり詩を作ったりはしたけど、エロいことは何もしなかった、というのです。

これは、常識的にも知識的にも間違いです。キーセンは普通に売春をしていました。』

 韓国の恨(ハン)は、自分の不幸は、相手のせいだ!自分は善人だから、相手が悪人だ!悪人に対しては何をしてもいいという思考回路なのでしょう。

 そういえば、シンシアリーさんの記事の中に、おもしろい記事がありました。

 古い新聞に投稿された学者の記事ですが、「細かな事実なんかどうでもいい!韓民族が一致団結して、主張することが重要だ!」というような内容だったと思います。

 この記事探して見つけたら、載せます。

 慰安婦問題も、何の証拠もないことを主張し、自称慰安婦の証言だけです。
でも、事実はどうでもいいようです。自分たちが正しいのだから、日本が悪いという主張だけが真実!

 そういえば、去年出来たでたらめの映画の内容が教科書に真実として載ったとか!!!

 驚くべき国民ですね!

 オインク(韓国のみで起こること)!という言葉ができているぐらいですから、アジアに詳しい人は分かるのでしょうが、大部分は、韓国と日本の区別もできないのが欧米人ではないでしょうか!




posted by 野次馬万歳 at 12:15| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: