スポンサードリンク

2018年12月18日

明白な事実さえも認めず、日本を貶める民族!

 南京大虐殺も、慰安婦も戦後何十年も問題にしなかったのに、朝日新聞の着火により大火事に!

 南京大虐殺が嘘であることは、かなり検証されていますが、記念館を作ったり、年々虐殺数を増やす発言を国家元首がしてきました。

 慰安婦も、当時の新聞募集広告や終戦当時の米軍の報告から、助け出された純真な乙女ではなく、売春婦でしした。


 特に、慰安婦に関しては、アメリカの数十万ページの資料から見つけようとした中国系のアメリカ人の努力にもかかわらず何も見つからなかったという事実があります。

 日本人は、事実を大事にしますが、朝鮮や中国は違います。

 例えば、南シナ海の人工島が作り始めたとき、「民間利用で、決して軍事基地ではない」と発表していましたが、今は軍事施設を隠していません!

 中国が、チベットに軍を進めたとき、「アメリカ帝国主義から守るため」と言っていましたが、途中から引っ込めて占領!


 韓国の慰安婦も、数十万人の娘が無理矢理連れて行かれたというなら、そのとき、男は誰も抵抗しなかったのかということになります。

 普通に考えたら、嘘が明らかなのですが、彼らはまったく受け入れる気がありません。


 韓国の大学教授が、「慰安婦は売春婦だった」と発言したときの動画がひどいですね!

いきなり殴られ、慰安婦の前で土下座させられ謝罪」させられていました。

 大学教授ですから、多くの資料を基に話したのですが、そういう資料を確かめようとする人はいないようです。
もちろん、当時の資料はハングルではなく、漢字でしょうから読めないのでしょう。


 このように、これらの国に対して、関わらないことが一番ですが、それでもちょっかいをかけてきます。

 それに対しては、

 ファクトとなる資料を示して、「ファクトに反する対応に対しては、二度とそんなことをしないようなきつい懲罰を与える」で行くべきと思うのですがどうでしょうか!
posted by 野次馬万歳 at 16:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: