スポンサードリンク

2018年12月22日

韓国政府のいつもの言い訳!

 今回、いわゆる徴用工問題の判決に対し、文大統領は、

 「司法が判断したことだから、尊重する」と発言しました。

 日本の反応に対し、韓国のマスコミも、「日本は三権分立を知らないのか」という論調でした。


 三権分立は、三権がお互いに批判できないという意味ではなく、三権が間違いを犯さないようにお互いに監視するという意味もあります。


 それに、韓国では、三権分立はできていないのではないでしょうか。

 今回の韓国最高裁判事の半数以上を文大統領が入れ替えており、「文大統領の期待する判決」が出たと思われます。


 韓国政府には、民間人からなる非常に多くの委員会があり、そこで、政府が表立ってできないことを決定させ実行させるようです。

 そして、

「民間人が勝手にやっていることだから、政府としては口を出すことができない」という政府見解が出るわけです。


 慰安婦問題の政界記憶遺産に登録を、韓国の民間団体が主張しているということでしたが、韓国政府がバックにいることがばれていましたね!


 韓国のマスコミも、日本を非難するとき、「中国が不満を示している」「アメリカが疑問を示している」という論調が多く、

 自分たちの意見を直接言わないことが多いですね。


 そういえば、朴槿恵さんも、他国への「告げ口外交」がメインで、日本との直接の議論はなかったような!
posted by 野次馬万歳 at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: