スポンサードリンク

2019年10月18日

韓国人の国民性の原因!

 韓国人の反日は、教育からきていると考えるのが普通ですが、どうもそれだけではないようです。

 日本に帰化しているオウソンファさんが、日本の大学の女子生徒に、大工さんを結婚相手としてどうかと尋ねると、韓国の女子大生だけは、絶対に拒否ということです。

 オウソンファさんも、日本に来たばかりのとき、現場で働く技術者を尊敬している日本人が理解できなかったようです。

 韓国では、昔から、肉体労働者を蔑む社会でしたが、これだけ高度の技術社会になれば、技術者を蔑むなんてことはなくなりそうに思いますが、現実は、心の芯に残っているようです。

 別の例で示すと、オウソンファさんが韓国の友人を何人か日本のお茶会に連れて行ったところ、家元自らがお茶をたててくれたということです。
そうしたら、友人たちには、自ら作業した家元をレベルの低い人間と感じたということです。


 オウソンファさんや日本で暮らす韓国人の一部は、その韓国人の芯に気づき、韓国を離れる決心をしたようです。

 韓国人同士で、長い年月によって確立された価値観は、そう簡単に壊れないということです。


 西洋の女性旅行家が、昔朝鮮を訪れ旅行記を書いていますが、「息をするように嘘をつく」と書かれているようです。

 それを聞けば、韓国の政治家がなぜ嘘を繰り返しているのがわかります。

 慰安婦問題や徴用工問題だけでなく、レーダー照射問題では噓がばれてもさらに嘘を積み重ねていました。
最近では、日本の放射能地図を韓国与党が捏造して発表しました。
 東京オリンピックが決まるかという前日に日本の水産物輸入禁止を発表しました。明らかに、日本の邪魔をするための発表です。

 韓国人のおかしな基準のいくつかを示すと、

 嘘をついての罪悪感がなく、絶対に嘘を認めない。

 敵に勝つために、無いこと無いこと叫び、多くの味方をつくる。(慰安婦像など)

 自分が善(道徳的優位とか言ってます)で被害者という設定をする。(ホワイト国から外したことなども)
自分たちに原因があると絶対に認めない!
  
 こんなやっかいな隣国は、かかわりたくないものです。

 条約も政権が変わったら、破棄では、つきあうべきではないでしょう。
あいさつだけで、やりとりなし(実質的無視)がよさそうですね。
posted by 野次馬万歳 at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: