スポンサードリンク

2020年03月05日

日韓の歴史問題を世界がどう見ているかという記事を見て!

 記事では、世界は、韓国が一方的に悪いとは見ていないという内容でした。

理由は、ドイツに侵略されたポーランドと比較して、「賠償したから、すべて終わりとはならない。これからも心の傷は残り続ける。だから機会あるごとに謝罪しなければならない。」でした。

この記事を見て、ドイツと日本が同じことをしたと決めつけて、論じているのに違和感を覚えました。

ヨーロッパ諸国の植民地と違って、日本は、収奪ではなく、日本国内で使われるべき予算を韓国の近代化に使いました。
100以下しかなかった小学校を数千まで増やし、鉄道、ダム、道路などインフラを整えました。
その結果、それまでほとんど変化しなかった人口が、日本併合時代に2倍に増えました。

韓国は、過酷な併合時代と言い、ユダヤ人よりひどい扱いを受けたと言いますが、事実を見ようとしないと言うべきでしょう。

時々、真実に気付いて発表する韓国人もいますが、真偽を確かめようとすることもせず、いきなり殴ったり、侮辱罪等で封じこめるだけです。

韓国と同様に日本に併合された台湾は、日本統治が優れていたことを評価して、今も親日であることからも分かります。

日本併合前、イギリスの女性が韓国を訪問し、旅行記を書いています。

そこには、韓国について、「最貧国」「息をするように嘘を吐く」などの評価があったと思います。

この嘘を言う民族性は、今も変わっていないようです。

ウリジナルもよく知られていますね。

忍者は韓国発祥、すしも韓国発祥、茶道は発祥など無数にあります。

キリストは韓国人だったとか漢字は韓国人がつくったなど厚かましい主張が多すぎます。

また、オインク(オンリーインコリア)という言葉ができているくらい、韓国では理解しがたいことが起こります。

嵐の時停泊していたインドの船に、韓国の船が衝突して、韓国で裁判となり、インドの船に賠償命令が出たのもその1つです。

慰安婦問題、徴用工問題、旭日旗問題、放射能問題などすべて多くの噓で粉飾されています。

最近、一番あきれたのは、レーダー照射事件のやりとりですね!

噓の上に嘘を重ね、今だに、自分たちの非を認めようとしていないですね!!!






posted by 野次馬万歳 at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。