スポンサードリンク

2020年06月16日

アメリカから出る中国の技術者のパソコン没収!

 「中国製造2025」で、中国が、2025年までに技術覇権を目指すと発表したが、それは、他国から技術を盗んで達成するという意味です。

 それを黙ってみているアメリカではありません!

 コロナ問題で、アメリカから、中国の技術者や研究者を中国に帰らせましたが、「アメリカに戻りたい」という要求に対し、「戻ってくるな」と指示されたようです。

 さらに、アメリカから中国にもどる技術者や研究者のパソコンを空港で買い上げる形で没収しているようです。

 アメリカは、本気で中国をつぶすつもりのようですね。

 そういえば、最近中国は「中国製造2025」と言わなくなったのでは?


 アメリカから技術を盗めなくても、日本からは盗めそうです!

 ところが、安倍さんは、けっこう中国対策を進めているようです。

 日本には、二階氏を筆頭に親中派が多く、マスコミを中国に毒されていますから、大きな声で言っていなし、予算も十分ではないですが着実にアメリカと連携して進めており安心しました!
posted by 野次馬万歳 at 18:14| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: