スポンサードリンク

2020年07月28日

安倍首相の中国への対応を厳しくならないように説得する政治家をアメリカが指摘!

アメリカの「戦略国際問題研究所」が国務省の支援で7月下旬に作成した報告書に、首相補佐官の今井尚哉氏が載っている!

普通、このような報告書に補佐官などの名前は出てこない。

それだけ、今井氏が首相に大きな影響を与えて来たということだろう。

親中派の代表二階氏と今井氏が、安倍首相の中国に対する姿勢を説得してきたというのだ。


IR汚職で起訴された秋元議員も二階派だった。


中国や韓国に対して何も言わない議員が多すぎます。

義理人情を大切にする日本人だから、一旦中国に取り込まれていると、親中をやめ反中になるのは難しそうですね。


台湾でも、日本と同じように、親中ムードで国民党が優勢でしたが、香港問題などで、中国のやっていることを見て、一気に民主党が優勢になりました。

日本の親中派議員も、今中国のやっていることを客観的に評価すれば、どうすべきか決断できるはずですが、あまり期待できません。


だから、多くの国民が中国の野望を理解し、親中派議員を選挙で落とすことができればと期待しています。



posted by 野次馬万歳 at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: