スポンサードリンク

2020年08月02日

韓国は、もう救われない!

 朴槿恵時代の最初の総理が、二十七日に「大韓民国国民の皆様に訴えます。」という動画を発表しました。

「今この国は、常識も倫理も法もない非常識な国になりつつあります。力が正義となる世の中になってしまいました。国の全分野に渡って崩れていく音がします。」と行動を促しました。


4月15日の総選挙で、3分のの議席を獲得し、次々と法案を野党にはかることもなく、手続きも省略し成立させています。

各委員会の長を与党がすべて独占して国会を掌握しています。


司法も、与党議員の嘘には「表現の自由で無罪」とし、ソウル市長のセクハラに対しては、被害者を「セクハラで訴えている人」という意味の新語を造り、まるでセクハラなどなかったのに訴えているという言いたげです。

マスコミも既に取り込まれており、最後まで頑張っていた検察も、新法務部長官によって、骨抜きにされようとしています。


4月15日の総選挙も、非常にたくさんの不正疑惑があります。

コロナ対応成功を掲げたとしても、支持率40%台で、6割の当選者はおかしいでしょう!


ということで、今の韓国では、文大統領の思い通りになっています。

問題は、次の大統領選挙ですが、この政権は、どんなことをしても勝ちに行くでしょう。

日本の左派も同じですが、「目的が正しければ、手段は何をやってもよい」です。


大統領選挙も、必ず不正を行うでしょう。

その結果左派政権が続き、北朝鮮の属国になることが予想されます。

吸収は、北朝鮮もいろいろ比較され不都合が表面化するので望まないでしょう。

posted by 野次馬万歳 at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: