スポンサードリンク

2017年03月20日

韓国人が次にやろうとしていること!無茶苦茶!

韓国人シンシアリーさんのブログより
1.慰安婦問題
 去年八月三〇日、「いわゆる日本軍慰安婦問題」の被害者たちは韓国政府を相手に
「韓日慰安婦の合意により、精神的・物質的損害を被った」とし、国家賠償請求訴訟を提起しました。
その訴訟の過程で、去年12月、韓国の裁判所は、政府側に「慰安婦合意の法的性格を明確にするよう」に求めました。
 そして、韓国政府が「韓日慰安婦合意は条約のような法的拘束力がある合意に該当しない」という内容の準備書面を、1月19日と3月15日、裁判所に提出したとのことです。

2.戦犯企業に対する損害賠償
<日帝強占期「勤労挺身隊」の被害者らが日本の戦犯企業を相手に出した民事訴訟で、裁判所が再び損害賠償責任を認めた>とのことでして。
相手は日本企業「不二越」で、損害賠償請1億ウォン。
韓国では珍しい判決でもありませんが、その内容が前より露骨になっている点、そしていままでより「勤労挺身隊は強制労働だった」を浮き彫りにしている点には注目する必要があると思われます。
・「日本は日中戦争、太平洋戦争などの違法な侵略戦争を遂行しながら、軍需業に必要な人力を強制的に動員し、不二越は、この政策に積極的に便乗した」
・「人力動員には多数の学生も含まれていた」
・「不二越は「勤労挺身隊に志願すると上級学校に進学させてやる。お金も稼ぐことができる」と嘘をついて、当時13歳だったが被害者を懐柔した」
・「おばあさんは勤労挺身隊に入った後に、生命や身体に危険で過酷な労働を強制的に従事した」
これらは、全て裁判所が認めたもので、これからはスタンダードとして適用されるでしょう。

シンシアリーさんの心配!
勤労挺身隊出身を被害者に仕立て上げるなら、被害者候補(?)はいくらでもいるはず・・・・
ただでさえおかしかった韓国裁判所の判決が、ムン・ジェイン政権でどこまで悪化するのかも含めて、非常に気になる事案です。
また別の記事で
・・・で、気になるのは、韓国が「強制労働は基本条約で解決できていない」と初めて「公式に」言い出したのが他でもない盧武鉉政権の時であり、その流れを主導した一人が、ムン・ジェイン氏だったことです。

アメリカ人のマイケル・ヨンさんが、アメリカは慰安婦問題について3000万ドルの費用をかけて調べ尽くした結果が発表されていると述べています。

その調査の裏には、中国が関係しているようですが、結局強制連行の証拠は1つも出なかったのです。

マイケル・ヨン氏も言っていますが、当時の韓国で20万人の若い女性が強制的に連れて行かれたのなら、多くの衝突が起きていたはずだが、戦後何十年も何の報告も無く、朝日新聞等の記事により突然騒ぎ出した。

「慰安婦は強制連行ではなかった」言ったときの大学教授の考えは、それに対する反論と向き合い議論して真実を認識したかったのではないでしょうか。
 実際には、いきなり殴られて、慰安婦の前に連れて行かれ土下座させられました。
その後、教授の言ったことについて徹底的に調べるかなと思うのですが、韓国ではこれがまったくない!

 これらのことから、韓国の要求に対し、理屈で説得しようとしても受け付けないことが分かります。

 この韓国と様々に結びついている個人や法人があり、それなりにうまく付き合っているかもしれませんが、日本人全体を嘘で貶めている韓国を、おだてたり、なだめたり、説得したりするのは、ほとんど効果なく、さらに嘘を積み重ねてくることがはっきりしたのですから,断交して欲しいですね!

 そういえば、竹島も、国際司法裁判所で判定という日本の要請に乗ってこないのも、自分たちの嘘を承知で竹島を返さないつもりでしょうね!





posted by 野次馬万歳 at 11:59| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

日本にも慰安婦像があるそうですね!

 日本にも、慰安婦の像があるということです。一度見に行ってみたいものですね!

 その慰安婦の像には文章が書かれており、日本の慰安婦のことだけでなく、韓国軍がベトナム戦争で行った残虐行為まで書かれているということです。

 そうなると、この慰安婦の像は、韓国が建てたものではないということになります。
だれが、建てたのか?

 もちろん、日本と韓国が仲良くしては困る国の人が建てたのでしょう。
それは、北朝鮮か中国のどちらかでしょう。

 アメリカにおいて韓国人の反日活動の資金源は、中国であると確認がとれているということも聞いていますから、中国かなと思うのですが、違うでしょうね。

 資金は中国から出ているかもしれないが、建てたのは北朝鮮でしょうね!


 問題は、いずれそういうことがはっきりしてくると思うのですが、日本の慰安婦と韓国のベトナムでの非道が同等に扱われるのではと心配になります。

 韓国軍のベトナムでの非道は、強姦で生まれた子供が数万人いるということです。韓国は、そういう事実をしっかり認めようとしていません。
 今回、ベトナムの被害者の1人が初めて韓国を訪れましたが、元軍人の妨害で予定された集会もできなかったようです。

 日本の慰安婦については、韓国の主張の人数、1日あたりの相手数等、まったく軍人数と合わないし、ベトナム戦争のように多数の混血児ができたという話しも聞かないですね。

 韓国の主張する日本の慰安婦には、しっかりした証拠なしに捏造している主張が多すぎます!

 中国も同じですね!
南京へ入城した元日本兵の話を聞きましたが、ほとんど逃げてしまっていて虐殺したという20万人なんて人はまったくいなかったということです。

 南京虐殺の証拠という写真も、殺された人の服装に日本の着物があり、当時の国民党が日本人を虐殺した写真ではと言われています。

 また、中国が主張する戦争の犠牲者が、どんどん増えてきたということも、その嘘が明らかなのですが!

 現在こういう状態になったのは、韓国、中国の国民性によるものが多いと思いますが、やはり一番罪が重いのはアメリカではないでしょうか。

 ユダヤ人の大量虐殺をしたドイツのように、日本も戦犯として裁くために、南京大虐殺が必要だったということです。

 しかし、後にマッカーサー自身も議会で証言しています、日本の戦争は自衛のための戦争だったと!

 アメリカは、日本が戦争始めざるをえないようにもっていき、真珠湾攻撃もわかっていたということですね。太平洋戦争の1年も前に、アメリカ軍が密命を帯びて中国に渡り、準備をしていたということは、確か1990年代に発表されたのではなかったでしょうか?

 こんな風に作られた歴史は、正しく直したい日本人は多いですが、「歴史修正主義」という言葉で悪者にされてしまいます。

 まだまだ言いたいことはありますが、今日はこのあたりでやめておきます!

posted by 野次馬万歳 at 22:26| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

リッパート大使襲撃事件に対する韓国人の態度

 リッパート駐韓大使が襲われ80針の大怪我をしたのですが、それに対する韓国人の反応が興味深い!

 まず、パククネ大統領の最初の旅行先からのお見舞い電話ですが、「これは、韓米同盟に対するテロである。」と言って、謝らなかったようですね。

 犯人は、過去に日本大使にコンクリート片を投げつけた韓国人であり、複数の国会議員がその団体に多額の寄付をしてたということです。

 明らかに、韓国人が起こした事件なのですが、韓国も被害者という立場の発言なようです。

 さらに、パククネ大統領は、旅行先から帰るとすぐ見舞いに行きました。
日本大使が襲われたときは、見舞いが無かったようですが?

 その病院で、パククネ大統領は「自分も襲われ顔に怪我したことがある。その後は、おまけの人生で国民のためにつくしたいと思った。あなたも、これからは韓米のために尽くして欲しい。」と言ったということです。

 もちろん、リッパート大使は、適当に合わせて返事をしたのですが、
これを受けて「この事件で、韓米関係がより強固になった。」と新聞等で大々的に発表!

 何でも自分たちの都合のよいように解釈して、客観的な見方を一切受け入れないというのは、韓国がダントツにひどいようですね。

 厚生年金脱退金をもらっていないとか言うなら、厚生年金に加入してたという事はちゃんと給料もらっていたということですよね。

 当時の慰安婦の募集新聞広告が残っており、軍人の10倍の給料が公にされているのに、都合の悪いことはすべて無視して相変わらず叫び続けている。

 慰安婦の最初の訴えは、当時のNHKの担当者によると、
「高額の給料が支払われていたが、軍票で支払われたので、敗戦後それが紙くずになっってしまった。何とかして欲しい。という話しだった。」
「それが、当時慰安婦に付き添っていた弁護士福島瑞穂が入れ知恵して内容が変わってきた。」
ということでした。

 客観的に正しく調べて慰安婦の本が韓国で出版されたが、発禁になりましたね。
ソウル大学教授が、慰安婦問題を否定する発言したら、その真偽を確かめる議論になるのが普通ですが、韓国ではいきなり殴られて、元慰安婦の前に連れて行かれ土下座させられましたね。

 こんな国をまともに相手していかなくてはならない日本政府には同情します。
こういうことに対してはアメリカの言いなりにならず、断固として突っぱねて欲しいものですね。

 歴史的に見ても、韓国人は対等という考えが無く、必ず上下で見るということです。
日本がおとなしくしていれば、韓国が優位と勘違いするお国柄のようです。ぜひ、日本全体で韓国に対しては強い態度で臨んでほしいものです。



posted by 野次馬万歳 at 08:13| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。