スポンサードリンク

2020年08月11日

中国共産党を非難しない日本の政治家多すぎ!

 スイス銀行は、預金者の情報を明かさないということで知られています。

 劇画で有名なゴルゴ13も利用しています。

 ところが、コロナ問題で、中国共産党に賠償させるために、中国共産党員のスイス銀行の資産をあてるという話があるようです。

 その額、1兆ドル!日本の国家予算に匹敵します。


 このような大金!使い切れない額なのに、さらに殖やそうとする共産党員!


 共産党の思想は、本来、万人平等のはず!


 このお金を中国国民のために使っていれば、よい国になったかもしれない。


 共産党員の爆買い!日本でも話題になったが、パリのブランド商品の店では、レジに多くの中国人が並んで待たされました。


 ウイグル人の同化政策で、臓器摘出売買など、宗教を否定する共産主義の恐ろしさが漏れ伝わってきています。


 香港問題でも、次々逮捕者が出ており、共産党の批判を一切許さない共産党の態度が鮮明になっています。


 決して万人平等の理想社会を目指しているのではなく、共産党の独裁にすぎない中国!


 この中国に対し、日本にも親中派と言われる政治家がかなりいます。


 我々普通の人は、中国共産党の暴挙を知って、とても支持できないと思います。

 ところが、この人達は、中国共産党の暴挙が見えているのに、彼らを擁護しています。なぜ!


 もちろん、ハニートラップにかかった人もいるかもしれませんが、基本はお金でしょう!


 自民党の親中派は特に目立ちますが、中国の暴挙に対し一切コメントしない野党やマスコミ関係者も目立ちます。


 天下り問題がなくならない官僚も、お金に弱いことを考えれば、親中派多そうです。


 中国擁護の言動から、判断し、親中派を排除していきたいですね!

 特に、選挙で!
posted by 野次馬万歳 at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする